​野球部の歴史

東京都市大学硬式野球部(旧称武蔵工業大学硬式野球部)は1929年(昭和4年)に武蔵工業大学の体育会としては4番目に創部されました。1951年には東都大学野球連盟に加盟し、以来現在に至るまで「実力の東都」といわれるリーグの中で戦ってまいりました。
そして2009年4月より武蔵工業大学は校名変更により東京都市大学となり、それに伴い、「武蔵工業大学硬式野球部」は「東京都市大学硬式野球部」へと名称を変更しました。

​ユニフォームデザイン 2009

2009年4月の東京都市大学への校名変更に伴いまして、今までの赤を基調としたユニフォームから紺を基調とした新ユニフォームへとユニフォームを変更いたしました。

写真:2013年度 主将 篠原裕貴

​ユニフォームデザイン 2018

2018年4月の新チーム発足に伴いまして、今までの白と紺を基調としたユニフォームから紺と金を基調とした新ユニフォームへとユニフォームを変更いたしました。

写真:2018年度 主将 安住虎之介

© 2023 by Actor & Model. Proudly created with Wix.com